気になる情報

楽天カードのマスターカードでアマゾン利用のポイント還元率が改悪!なぜ?

楽天カードのMastercardブランド改悪?

楽天カードに関する気になるニュースが出ました。

この件について、こちらで説明したいと思います。

楽天カードのアマゾンでの付与ポイント変更

楽天カードは2022年10月14日、Amazon.co.jpで楽天カード(Mastercard)利用時のポイント還元率を変更すると発表しています。

変更された点は、下記の通りです。

  • 変更時期
    2023年1月5日以降の利用分から
  • 変更対象となる利用分
    Amazon.co.jpでの楽天カード(Mastercard)の利用分
    (一部アマゾンサービスを含む)
  • 楽天ポイント進呈ルール
    変更前:100円ご利用につき1ポイント
    変更後:500円ご利用につき1ポイント

 

これまでは、100円につき1ポイント付与されるということですから、還元率は1%になります。

変更された場合、500円につき1ポイント付与なので、還元率葉0.2%になるということです。

 

還元率が1.0%から0.2%、5分の一に減らされるという大きな変更は、これまであまり見たことがありません。

但し、この還元率の改悪は、全てのお店やネットショップで適応されるのではありません。

あくまでも、

・Amazon.co.jpでの買い物に限られます。

 

そして、

楽天カードの下記のブランドは今まで通りの還元率になります。

・Visa
・JCB
・American Express

還元率変更による対応策

ということで、対応策としては

・Amazon.co.jpでは、Mastercardブランドの楽天カードでは買い物をしない!

ということになります。

 

また、現在楽天カードは、2つのブランドを所有することが可能(※審査は必要です。)です。

例えば、これまでMastercardブランドの楽天カードを所有していた人でも、「Visa」「JCB」「American Express」ブランドの楽天カードをもう一つ作ることができるのです。

 

2つはいらないから、「Mastercard」を他のブランドに変更したほうが早いのでは?

と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、楽天カードの場合、国際ブランドの変更は出来ません。

 

では、どうするか?

・Mastercardブランドの楽天カードを一旦止める
・JCBやVisaなどの新しい国際ブランドのカードを申込み申請する。

楽天カードは永年無料ですし、それは2枚持ちでも変わりません。

どうしても「Mastercard」から他のブランドへ変更したいのでなければ、2枚持ちにするという選択肢もありですね。

 

但し、もう一度念を押します。

・Amazon.co.jpでは、Mastercardブランドの楽天カードでは買い物をしない!

この対応を取るだけでいいのではないでしょうか?

ところでなぜ還元率が大幅に改悪?

ところで、なぜ楽天カードは「Amazon.co.jp」での買い物だけ、このように大幅な付与ポイント減少に踏み切ったのでしょうか?

しかも、「Visa」「JCB」「American Express」ブランドは変更なしで、「Mastercard」ブランドだけ。

そして、楽天カードの「Mastercard」ブランドだけです。

楽天カードとしてのイメージは悪くなるかもしれません。

でも、何か不自然さを感じませんか?

 

そこで、少し考えてみました。

例えば、楽天カードを楽天市場で使用すると、カード保有者の利益は最大になります。

そして、Amazonにも「AmazonMastercard」というカードが存在します。

「Amazonカード」の場合、国際ブランドは「Mastercard」のみになります。

「JCB]や「Visa」「American Express」などのブランドはありません。

 

ということは、「Amazon」が「AmazonMastercard」の利用を向上させるために取った施策なのではないのでしょうか?

または、「Mastercard」側から「Amazon」に対してプレッシャーがかかったのか?

 

そうなると、他のカードの「Mastercard」ブランドも狙い撃ちされる可能性もありますね?
「Amazon」が「楽天」を狙い撃ち?ということは、もしかして次は「Yahoo」?

ネットショッピングでは三つ巴の戦いをしているので、これもあり得るかもしれません。

但し、あくまでも個人の意見なので、間違えていたらすみません。

カードとしての楽天カードは優秀

楽天カードは定番中の定番カードとして、幅広い人に利用されています。

カードとしての利用価値はかなり高いカードです。

特に、楽天市場で頻繁に買い物をするという人は「必須」のカードとも言えるでしょう。

 

ですから、今回の「Amazon.co.jp」だけでの付与率低下という条件の改悪だけで、「楽天カードは止めよう!」と考えるのはもったいないカードです。

下記が、楽天カードの概要になります。

還元率 1.0~3.0%
通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%
他にも期間ポイントアップで、更に+ポイント
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、American Express
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
電子マネー 楽天Edy(還元率0.5%)

ツイッターでの反応

ツイッターでの反応を集めてみました。

まとめ

楽天カードは2022年10月14日、Amazon.co.jpで楽天カード(Mastercard)利用時のポイント還元率を変更すると発表しています。

条件変更は、2023年1月5日以降の利用分から、現在の100円利用につき1ポイントの還元をやめ、500円につき1ポイント還元に変更するとしています。

但し、「Visa」「JCB」「American Express」ブランドの楽天カードの関しては、今まで同様の還元率で変更はありません。

 

対応策としては、Amazon.co.jpでの買い物では、楽天カードMastercardブランドでの使用を止めればいいという事になります。

余裕のある方は、楽天カードの他の国際ブランドの2枚持ちを検討してもいいかもしれません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022 h eg

ブログランキングに参加中!
よろしければポチッと応援お願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村