バラエティ番組

エムワン(Mー1)グランプリ2022決勝でウエストランド優勝!ファイナリスト&敗者復活戦の結果など

エンタメ

もはや年末の恒例行事となった「M-1グランプリ」

今年の「M-1グランプリ2022」が12月18日に行われ、「ウエストランド」が見事優勝しました。

最近は、舞台で動き回るコント漫才が幅を利かせていましたが、久しぶりに「さや香」や「ウエストランド」などの「しゃべくり漫才」が結果を残したことで、「しゃべくり漫才」が好きな自分としては嬉しい限りです。

「タイタン」所属が大躍進

今年は、爆笑問題の妻「太田光代」さんが社長を務める「タイタン」から「キュウ」と「ウエストランド」の二組が選ばれ、その中の一組「ウエストランド」が優勝したことでも話題になりました。

今年の「ファイナルラウンド」の三組は、くしくも「コント vs 毒舌 vs 正統派」という三つ巴の戦いになりました。

毒舌漫才の「ウエストランド」が優勝したことで、終わってからもかなり物議を醸しましたが、元はと言えばタイタンの大先輩である「爆笑問題」も毒舌が売りなので、彼らも嬉しかったのではないでしょうか?

 

往年の「ツービート」も毒舌を売りにしており「紳助竜介」も毒舌が冴えていたので、以前は攻撃型の漫才も多かったのですが、最近はSNSでの炎上問題などもあるのかマイルドな芸風が流行っていました。

これで毒舌漫才が復活となるかはわかりませんが、注目を浴びたのは確かでしょう。

「キュウ」がネットで話題に?

「ウエストランド」が優勝して注目を浴びた「タイタン」ですが、「タイタン」のもう一組「キュウ」もネット上でも話題になっていました。

というのは、彼らの名前「キュウ」が数字の「9」と絶妙に重なり合ったせいでした。

・結成「9」年目

・エントリーはNo3402:全部足すと「9」

・ネタ順:「9」番目

・ネタ終わり時間:「9時9分」

・最終順位:「9」位

偶然ですが、ここまで「9」と重なると何かあるんですかね~

敗者復活戦の結果・順位

敗者復活戦は、体調不良により欠場した「コウテイ」を除く17組で争われ、見事に「オズワルド」が復活しました。

敗者復活戦の最終順位は、下記の通りになります。

 

尚、今年がラストイヤーの「金属バット」は準々決勝で敗退しましたが、「GYAO!」でネタ動画が最も視聴された1組が準決勝に復活する「ワイルドカード枠」で選ばれました。

しかし、「ワイルドカードで復活した組は、準決勝で落ちても敗者復活戦に出られない」というルールのために、敗者復活戦には出場出来ませんでした。

順位 コンビ名 事務所 結成年 敗者復活戦出場回数
1位 オズワルド 吉本興業 東京 2014年 初出場
2位 令和ロマン 吉本興業 東京 2018年 初出場
3位 ミキ 吉本興業 東京 2012年 3年ぶり4回目
4位 からし蓮根 吉本興業 大阪 2013年 3年連続5回目
5位 マユリカ 吉本興業 大阪 2011年 2年連続3回目
6位 ヤーレンズ ケイダッシュ 2011年 初出場
7位 ビスケットブラザーズ 吉本興業 大阪 2011年 初出場
8位 ななまがり 吉本興業 東京 2008年 8大会ぶり2回目
9位 ダンビラムーチョ 吉本興業 東京 2010年 4年ぶり2回目
10位 ハイツ友の会 吉本興業 大阪 2018年 初出場
11位 ケビンス 吉本興業 東京 2021年 初出場
12位 カゲヤマ 吉本興業 東京 2008年 初出場
13位 かもめんたる サンミュージック 2007年 初出場
14位 シンクロニシティ フリー 2017年 初出場
15位 THIS IS パン 吉本興業 東京 2017年 初出場
16位 ママタルト サンミュージック 2016年 初出場
17位 ストレッチーズ 太田プロダクション 2014年 初出場
欠場 コウテイ 吉本興業 大阪 2013年
出場権なし 金属バット 吉本興業 大阪 2007年

第18回「M-1グランプリ2022」ファイナリスト&得点詳細

2022年(第18回)/参加者数:7,261組

2022年の「M-1グランプリ」決勝には、カベポスター、真空ジェシカ、ロングコートダディ、さや香、男性ブランコ、ダイヤモンド、ヨネダ2000、キュウ、ウエストランドの9組に、敗者復活戦勝者のオズワルドの計10組が出場しています。

準決勝で破れた決勝常連組の「オズワルド」は敗者復活戦で復活しましたが、同じく常連組の「からし蓮根」「ミキ」は敗退しています。

また、女子コンビとして、2009年のハリセンボン以来13年ぶり決勝進出した「ヨネダ2000」が話題になりました。

 

第18回「M-1グランプリ2022」ファイナリストの演目に対する各審査員の点数及び合計点は、下記の通りです。

ネタ順 コンビ名 総合得点 山田邦子 博多大吉 ナイツ塙 サンド富澤 立川志らく 中川家礼二 松本人志
1 カベポスター 634 84 94 92 93 89 92 90
2 真空ジェシカ 647 95 92 92 92 94 94 88
3 オズワルド(敗者復活) 639 87 93 90 90 95 92 92
4 ロングコートダディ 660 94 92 94 96 96 95 93
5 さや香 667 92 96 95 97 95 97 95
6 男性ブランコ 650 86 91 92 95 94 96 96
7 ダイヤモンド 616 86 90 88 88 88 89 87
8 ヨネダ2000 647 91 91 96 91 97 90 91
9 キュウ 620 87 90 88 90 89 90 86
10 ウエストランド 659 91 93 93 94 98 96 94

第18回「M-1グランプリ2022」決勝(ファーストラウンド)の結果

ファーストラウンドでは、正統派漫才の「さや香」が667店と1位、コント漫才の「ロングコートダディ」が2位、しゃべくり漫才の「ウエストランド」が3位に入り、この3組が最終決戦に進みました。

順位 コンビ名
所属事務所
点数 結成年 決勝出場回数
1位 さや香
吉本興業 大阪
667点 2014年 5年ぶり2回目
2位 ロングコートダディ
吉本興業 大阪
660点 2009年 2年連続2回目
3位 ウエストランド
タイタン
659点 2008年 2年ぶり2回目(ノーシード)
4位 男性ブランコ
吉本興業 東京
650点 2011年 初出場
5位 真空ジェシカ
人力舎
647点 2012年 2年連続2回目
6位 ヨネダ2000
吉本興業 東京
647点 2020年 初出場
7位 オズワルド(敗者復活)
吉本興業 東京
639点 2014年 4年連続4回目
8位 カベポスター
吉本興業 大阪
634点 2014年 初出場
9位 キュウ
タイタン
620点 2013年 初出場
10位 ダイヤモンド
吉本興業 東京
616点 2017年 初出場(ノーシード)

「M-1グランプリ2022」最終決戦の結果

決勝では3位でしたが、最終決戦では最初に演じた「ウエストランド」が、決勝の最終演者の勢いそのまま審査員にその毒舌ぶりを強烈に印象付け、7票のうち6票を獲得して優勝しました。

☆優勝☆:ウエストランド 6票 山田邦子、ナイツ塙、サンド富澤、立川志らく、中川家礼二、松本人志
さや香 1票 博多大吉
ロングコートダディ 0票 なし

7組の吉本興業タレントを破っただけではなく、タイタンからの初の優勝ということで、爆笑問題の太田さんは大興奮したようです。

M-1グランプリ2022に対するSNSの反応

色々な芸人さんや芸能人が数多く反応していますね。

「オズワルド」個人的に期待していたんですけど…

「男性ブランコ」もう一息でしたね。

このコンビも知名度を上げましたね。

「DA PUMP」が「よねだ2000」に反応!

笑神籤を引いた「那須川 天心」さんもツイートしています。

日清がパロディCM?

番組中に流されたスポンサーである日清のコマーシャルが話題になりました。

「高須クリニック」のCMの完璧なパロディということで、トレンドワードでも「日清」や「高須クリニック」が上位に現れました。

 

高須先生も反応しています。

まとめ

年末の恒例行事となった今年の「M-1グランプリ2022」が12月18日に行われ、「ウエストランド」が見事優勝しました。

今年の「M-1」は、決勝に2組選ばれたばかりではなく、その2組のうちの1組が優勝した芸能事務所「タイタン」の年になりました

 

また、今回は「上沼恵美子」さんと「オール巨人」さんが審査員を降板し、「山田邦子」さんと「博多大吉」さんが審査員として参加しています。

特に「山田邦子」さんの点数付けに対して、番組終了後に賛否両論ありました。

 

そして、近年の優勝者や成績優良コンビに「コント漫才」を演じるコンビが多かったですが、今年は久しぶりに「しゃべくり漫才」、しかも強烈な毒舌を繰り出す「ウエストランド」が優勝し、SNSでも賛否両論大いに盛り上がっています。

個人的には、コンビ漫才が選ばれなくて満足しています。

ただし、テレビ番組やスポンサー的には少し使いにくいコンビかもしれないので、ウエストランドの来年の活躍を注視してみようと思います。

 

尚、過去の「M-1グランプリ優勝者」についての情報は、下記に記載があります。

 

過去の「M-1グランプリ」を見たいという方にはこちらをおすすめ!

初めて登録する方向けの「お試し期間」を利用することで、無料で視聴することも可能です!

女性1-1別途課金なし
無料で見放題

U-NEXTで「M-1グランプリ」見放題

U-NEXT1
新作投入が早い。無料お試し期間は31日間と長い。洋画/邦画・海外/韓流/国内ドラマ・アニメ等バラエティに富んでいる。毎月1,200ポイント付与(無料期間中は600pt)の定額プランで、有料新作映画・ドラマも2本~数本(料金による)の実質無料視聴が可能!
今日「U-NEXT」に登録すれば3月6日迄の無料視聴が可能!
タイトル M-1グランプリ
視聴可否 (見放題作品)

2022年12月20日現在、「M-1グランプリ」は無料で見放題が可能!

料金 月額2,189円(税込)
無料お試し 有り/31日間
動画配信数 見放題は22万本以上、レンタルは2万本以上(2021年11月時点)
付与ポイント/月 1,200ポイント付与(1,200円相当)
※お試し期間中は600pt
登録デバイス数 無制限
オフライン視聴
同時視聴 別アカウントで最大4台
※同じアカウントで複数端末での同時視聴は、同一/別作品に関わらず不可

U-NEXT
詳細ページ
U-NEXT
公式サイト

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022 h eg

ブログランキングに参加中!
よろしければポチッと応援お願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村