スポーツ

ワールドカップカタール2022優勝国のユニフォームサプライヤー対決は?ナイキ・アディダス・プーマの覇権争い!

ワールドカップカタール2022

佳境に入ってきた2022年FIFAワールドカップ カタール大会ですが、ついにベスト16が出揃いました。

日本は何とグループリーグ1位で通過し、韓国も滑り込み、アジアサッカー連盟(AFC)からは3ヶ国も勝ち上がりました。

残念なのは、3ヶ国全て同じ山に入ったことです。

【最後に追記があります!】

2022W杯ユニフォームサプライヤーの覇権争い

ワールドカップの出場国が出揃うと毎回話題になるのが、各国のユニフォームデザインですね。

今回のカタール大会の日本のユニフォームは、質が高いとかなり話題にもなっています。

 

そして、FIFAワールドカップ自体のスポーツメーカーのスポンサーはアディダスですが、出場国のユニフォームはアディダスで統一されているわけではありません。

それぞれの国が、各スポーツメーカーとサプライヤー契約を結んで使用しています。

そこで、デザインとは別に話題になるのが、ユニフォームサプライヤーの覇権争いです。

 

どの国がどのユニフォームを使用しているかという、数での覇権争いに関しては、「ナイキ」「アディダス」「プーマ」との3強になっています。

今回のカタール大会に関しては、「ナイキ」が13ヶ国で1位、「アディダス」は7ヶ国、「プーマ」が6カ国と、この3つのメーカーで32ヶ国の内26ヶ国を占めます。

下記が、各サプライヤーごとの使用国になります。

Nike(ナイキ) ◆アジア
カタール
サウジアラビア
韓国
オーストラリア

◆ヨーロッパ
ポーランド
フランス
クロアチア
イングランド
オランダ
ポルトガル

◆南米
ブラジル

◆北中米カリブ海
カナダ
アメリカ

Adidas(アディダス) ◆アジア
日本

◆南米
アルゼンチン

◆ヨーロッパ
ドイツ
スペイン
ベルギー
ウェールズ

◆北中米カリブ海
メキシコ

Puma(プーマ) ◆ヨーロッパ
セルビア
スイス

◆南米
ウルグアイ

◆アフリカ
ガーナ
モロッコ
セネガル

New Balance
(ニューバランス)
◆北中米カリブ海
コスタリカ
Hummel(ヒュンメル) ◆ヨーロッパ
デンマーク
One All Sports
(ワン・オール・スポーツ)
◆アフリカ
カメルーン
Kappa(カッパ) ◆アフリカ
チュニジア
Marathon(マラソン) ◆南米
エクアドル
Majid(マジド) ◆アジア
イラン

2022FIFAワールドカップ・ベスト16のサプライヤー

2022年12月3日(土)に、ベスト16の全ての国が出揃いました。

そして、ベスト16の国が使用しているユニフォームサプライヤーは、下記になります。

Nike(ナイキ) ◆アジア
韓国
オーストラリア

◆ヨーロッパ
ポーランド
フランス
クロアチア
イングランド
オランダ
ポルトガル

◆南米
ブラジル

◆北中米カリブ海
アメリカ

Adidas(アディダス) ◆アジア
日本

◆南米
アルゼンチン

◆ヨーロッパ
スペイン

Puma(プーマ) ◆ヨーロッパ
スイス

◆アフリカ
モロッコ
セネガル

今回のベスト16では、ナイキが10ヶ国でダントツという結果になりました。

その他は、「アディダス」が3ヶ国、「プーマ」が3ヶ国、「ニューバランス」などの残りのサプライヤーは全て消えました。

因みに、日本がいたグループEは、アディダスが「日本」「スペイン」「ドイツ」、コスタリカが「ニューバランス」と、唯一「ナイキ」が入っていないグループでした、

2022FIFAワールドカップ優勝国のサプライヤーは?

ベスト16が出揃った所で、優勝国と準優勝国のサプライヤーはどこになるのか気になります。

やはり全体の62.5%を占める「ナイキ」から出るのが確率が高いと思われます。

では、これまでのワールドカップの優勝国・準優勝国のサプライヤーはどうだったのでしょうか?

調べてみました。

年度
開催地
優勝国 サプライヤー 準優勝国 サプライヤー
2018年
ロシア
フランス Nike クロアチア Nike
2014年
ブラジル
ドイツ Adidas アルゼンチン Adidas
2010年
南アフリカ
スペイン Adidas オランダ Nike
2006年
ドイツ
イタリア Puma フランス Adidas
2002年
日韓
ブラジル Nike ドイツ Adidas
1998年
フランス
フランス Adidas ブラジル Nike
1994年
アメリカ
ブラジル UMBRO イタリア Diadora
1990年
イタリア
西ドイツ Adidas アルゼンチン Adidas
1986年
メキシコ
アルゼンチン Le Coq Sportif 西ドイツ Adidas
1982年
スペイン
イタリア Le Coq Sportif 西ドイツ Adidas

過去10回大会のデータを見ると、「アディダス」が4回、「ナイキ」が2回、フランスのメーカー「Le Coq Sportif」が2回、「Puma」と「UMBRO」が各1回ずつになります。

これまでは「アディダス」が40%と多いですが、今回は「ナイキ」が有利なのか…

 

因みに、トーナメント表で考えると、日本の山は「アディダス」が2ヶ国、「ナイキ」が6ヶ国。

反対側の山は、「アディダス」がスペインの1ヶ国、「ナイキ」が4ヶ国、「プーマ」が3ヶ国となります。

「ナイキ」×「ナイキ」の決勝戦になる可能性もありますね…

まとめ

ワールドカップでは、出場する国がどの国になるのかというのも大いに話題になりますが、出場国のユニフォームサプライヤーも話題になります。

ベスト16が出揃った段階では、「ナイキ」が10ヶ国と62.5%と半数以上を占める結果になりました。

これまで過去10回での優勝国のユニフォームサプライヤーで言うと、「アディダス」が40%を占めて優勢ですが、今年は「ナイキ」が巻き返すかもしれません。

結果を楽しみに待ってみましょう。

 

ワールドカップ2022カタールの放送/放映日(時間)などについての情報は下記になります。

【追記】アディダスが勝ちました

ベスト8が揃ったところで、サプライヤーは下記の通りになりました。

アディダスの最後の砦は「アルゼンチン」、プーマは「モロッコ」、その他の6カ国は「ナイキ」でした。

◆Nike(ナイキ)
フランス
クロアチア
イングランド
オランダ
ポルトガル
ブラジル

◆Adidas(アディダス)
アルゼンチン

◆Puma(プーマ)
モロッコ

 

ベスト4はこちらで、いい具合にバラけましたね。

◆Nike(ナイキ)
フランス
クロアチア

◆Adidas(アディダス)
アルゼンチン

◆Puma(プーマ)
モロッコ

 

それで、決勝戦は「フランス(ナイキ)×アルゼンチン(アディダス)」

で、優勝は【アルゼンチン(アディダス)】

ベスト8で「アディダス」の最後の砦「アルゼンチン」が優勝、メッシがMVPと、ドラマのような結果になりました!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022 h eg

ブログランキングに参加中!
よろしければポチッと応援お願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村