スポーツ情報

2023WBC予選参加国/日程・決勝ラウンド日程&トーナメント表やライブ配信情報

WBC2023 ライブ配信
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2020年に行われるはずだったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第5回大会ですが、新型コロナウイルス感染症の流行のため開催が延期されました。

そして2023年のWBC第5回大会が、いよいよ3月8日(水)に開催されます。

前回大会(第4回大会)が行われたのが2017年ですから、実に6年ぶりのWBC開催ということになります。

 

また、今回はスーパースターの「マイク・トラウト」「ムーキー・ベッツ」「カイル・シュワーバー」などの強打者に加え、サイヤング賞3度受賞の「クレイトン・カーショー」や日本での活躍でメジャーに逆輸入し今やメジャーでも注目投手となった「マイルズ・マイコラス」など、アメリカ代表の本気度がわかるメンツが話題になっています。

日本代表も、いまやMLBを代表する選手になった「大谷翔平」や「ダルビッシュ有」、NPBからの「佐々木 朗希」「村上 宗隆」「岡本 和真」などそうそうたるメンバーに加え、今回初めて参加する日系人プレーヤー「ラーズ・ヌートバー」など、非常に楽しみな人選になっています。

 

コチラでは、2023WBCの予選参加国や予選の日程、決勝ラウンドの日程、そしてわかりやすいように全体のトーナメント表、ライブ配信情報などをご紹介しています。

2023WBCのトーナメント表について

2023ワールドベースボールクラシック(WBC)の予選は、「POOL A」から「POOL D」まで4つ(各組5ヶ国)に分かれて開催されます。

そして、日本と台湾で行われる「POOL A」「POOL B」から抜け出したそれぞれ上位2カ国で準々決勝を行い、米国で行われる決勝ラウンドへ進む2カ国に絞られます。

こちらでは、各地で行われる4組に分かれた予選から決勝までのトーナメント表を、わかりやすく作ってみました。、

WBC2023 トーナメント表1

「POOL A」の試合会場&スケジュール

「POOL A」の試合が行われるのは、中信兄弟(中信ブラザーズ)の本拠地「台中インターコンチネンタル野球場」になります。

アジアの予選ですが、何故か台湾以外の4カ国は中南米&ヨーロッパの国々になります。

台湾が日本・韓国の組に入ると三つ巴の戦いになるので、戦力を均衡化するために台湾を外して別組に組み分けたと思われます。

「チャイニーズ・タイペイ」「キューバ」、そして2013年・2017年の2大会連続でベスト4に入っている「オランダ」の中から2カ国が勝ち上がるような気がします。

 

「POOL A」の開催概要は下記になります。

日程 2023年3月8日(水) ~ 13日(月)
会場 台中インターコンチネンタル野球場(台湾)
住所 No. 835號, Section 3, Chongde Rd, Beitun District, Taichung City, 台湾 40671
参加国 チャイニーズ・タイペイ、オランダ、キューバ、イタリア、パナマ

 

下記は、上記の画像の中から「POOL A」の画像を拡大したものになります。

WBC2023 トーナメント表2

 

下記は、「台中インターコンチネンタル野球場」の地図情報になります。

 

「POOL A」の試合のスケジュールは、下記になります。

対戦カード 試合日時
キューバ VS オランダ 2023年3月8日(水)12:00
(日本時間 3月8日 13:00)
パナマ VS チャイニーズ・タイペイ 2023年3月8日(水)19:00
(日本時間 3月8日 20:00)
パナマ VS オランダ 2023年3月9日(木)12:00
(日本時間 3月9日 13:00)
イタリア VS キューバ 2023年3月9日(木)19:00
(日本時間 3月9日 20:00)
キューバ VS パナマ 2023年3月10日(金)12:30
(日本時間 3月10日 13:30)
イタリア VS チャイニーズ・タイペイ 2023年3月10日(金)19:00
(日本時間 3月10日 20:00)
パナマ VS イタリア 2023年3月11日(土)12:00
(日本時間 3月11日 13:00)
オランダ VS チャイニーズ・タイペイ 2023年3月11日(土)19:00
(日本時間 3月11日 20:00)
チャイニーズ・タイペイ VS キューバ 2023年3月12日(日)12:00
(日本時間 3月12日 13:00)
オランダ VS イタリア 2023年3月12日(日)19:00
(日本時間 3月12日 20:00)

「POOL B」の試合会場&スケジュール

「POOL B」の試合が行われるのは、読売ジャイアンツの本拠地「東京ドーム」になります。

台湾は「POOL A」に入りキューバなどと同組になったため、「POOL B」は「日本」「韓国」と「オーストラリア」が中心の戦いになるのではないでしょうか?

ここで日本代表が2位以内に入らないようでは、野球の未来は厳しいでしょう。

 

「POOL B」の開催概要は下記になります。

日程 2023年3月9日(木) ~ 13日(月)
会場 東京ドーム(日本)
住所 東京都文京区後楽1-3-61
参加国 日本、韓国、オーストラリア、中国、チェコ共和国

 

下記は、上記の画像の中から「POOL B」の画像を拡大したものになります。

WBC2023 トーナメント表3

 

下記は、「東京ドーム」の地図情報になります。

 

「POOL B」の試合のスケジュールは、下記になります。

対戦カード 試合日時
オーストラリア VS 韓国 2023年3月9日(木)12:00
中国 VS 日本 2023年3月9日(木)19:00
チェコ共和国 VS 中国 2023年3月10日(金)12:00
韓国 VS 日本 2023年3月10日(金)19:00
中国 VS オーストラリア 2023年3月11日(土)12:00
チェコ共和国 VS 日本 2023年3月11日(土)19:00
チェコ共和国 VS 韓国 2023年3月12日(日)12:00
日本 VS オーストラリア 2023年3月12日(日)19:00
オーストラリア VS チェコ共和国 2023年3月13日(月)12:00
韓国 VS 中国 2023年3月13日(月)19:00

「POOL C」の試合会場&スケジュール

「POOL C」の試合が行われるのは、アリゾナ ダイヤモンドバックスの本拠地「チェイス・フィールド」になります。

今回のアメリカ代表の本気度は、参加するメンバーを見ればわかります。

この「POOL C」は「アメリカ」が頭一つ抜けており、「カナダ」「メキシコ」「コロンビア」の2位争いが焦点になりそうです。

 

「POOL C」の開催概要は下記になります。

日程 2023年3月11日(土) ~ 15日(水)
会場 チェイス・フィールド(アメリカ)
住所 401 E Jefferson St, Phoenix, AZ 85004 U.S.A
参加国 アメリカ、メキシコ、コロンビア、カナダ、イギリス

 

下記は、上記の画像の中から「POOL C」の画像を拡大したものになります。

WBC2023 トーナメント表4

 

下記は、「チェイス・フィールド」の地図情報になります。

 

「POOL C」の試合のスケジュールは、下記になります。

対戦カード 試合日時
コロンビア VS メキシコ 2023年3月11日(土)12:30
(日本時間 3月12日 4:30)
イギリス VS アメリカ 2023年3月11日(土)19:00
(日本時間 3月12日 11:00)
イギリス VS カナダ 2023年3月12日(日)12:00
(日本時間 3月13日 4:00)
メキシコ VS アメリカ 2023年3月12日(日)19:00
(日本時間 3月13日 11:00)
コロンビア VS イギリス 2023年3月13日(月)12:00
(日本時間 3月14日 4:00)
カナダ VS アメリカ 2023年3月13日(月)19:00
(日本時間 3月14日 11:00)
カナダ VS コロンビア 2023年3月14日(火)12:00
(日本時間 3月15日 4:00)
イギリス VS メキシコ 2023年3月14日(火)19:00
(日本時間 3月15日 11:00)
メキシコ VS カナダ 2023年3月15日(水)12:00
(日本時間 3月16日 4:00)
アメリカ VS コロンビア 2023年3月15日(水)19:00
(日本時間 3月16日 11:00)

「POOL D」の試合会場&スケジュール

「POOL D」の試合が行われるのは、マイアミ マーリンズの本拠地「ローンデポ・パーク」になります。

2013年優勝の「ドミニカ共和国」と2013年・2017年の2大会連続準優勝の「プエルトリコ」の2カ国に、2009年第二回大会ベスト4の「ベネズエラ」が続くような気がします

 

「POOL D」の開催概要は下記になります。

日程 2023年3月11日(土) ~ 15日(水)
会場 ローンデポ・パーク(アメリカ)
住所 501 Marlins Way, Miami, FL 33125 U.S.A
参加国 プエルトリコ、ベネズエラ、ドミニカ共和国、イスラエル、ニカラグア

 

下記は、上記の画像の中から「POOL D」の画像を拡大したものになります。

WBC2023 トーナメント表

 

下記は、「ローンデポ・パーク」の地図情報になります。

 

「POOL D」の試合のスケジュールは、下記になります。

対戦カード 試合日時
ニカラグア VS プエルトリコ 2023年3月11日(土)12:00
(日本時間 3月12日 2:00)
ドミニカ共和国 VS ベネズエラ 2023年3月11日(土)19:00
(日本時間 3月12日 9:00)
ニカラグア VS イスラエル 2023年3月12日(日)12:00
(日本時間 3月13日 1:00)
ベネズエラ VS プエルトリコ 2023年3月12日(日)19:00
(日本時間 3月13日 8:00)
ドミニカ共和国 VS ニカラグア 2023年3月13日(月)12:00
(日本時間 3月14日 1:00)
イスラエル VS プエルトリコ 2023年3月13日(月)19:00
(日本時間 3月14日 8:00)
ニカラグア VS ベネズエラ 2023年3月14日(火)12:00
(日本時間 3月15日 1:00)
イスラエル VS ドミニカ共和国 2023年3月14日(火)19:00
(日本時間 3月15日 8:00)
ベネズエラ VS イスラエル 2023年3月15日(水)12:00
(日本時間 3月16日 1:00)
プエルトリコ VS ドミニカ共和国 2023年3月15日(水)19:00
(日本時間 3月16日 8:00)

「準々決勝1」の試合会場&スケジュール【追記有り】

予想としては、「POOL A」は「チャイニーズ・タイペイ」「キューバ」「オランダ」から2ヶ国、「POOL B」は「日本」「韓国」「オーストラリア」から2ヶ国勝ち上がるのではないでしょうか?

ここで少し紛らわしいのは、日本が準々決勝ラウンドに勝ち上がってきた場合、「POOL B」1位になろうが2位になろうが3月16日(Q2の試合)が日本戦になります。

ということで、日本が予選1位になるか2位になるかで「Q1」と「Q2」の対戦カードが変わることになります。

 

【追記 2023.03.13】

2023年3月12日の日本VSオーストラリア戦で日本が勝ったことで、日本は4勝(全勝)し「POOL B」の1位が確定しました。

3月13日(月)の試合で、オーストラリアがチェコを撃破したことで、「POOL B」の2位はオーストラリアで確定しました。

予選を突破すると思われた韓国は、最終戦を前に一次ラウンド敗退となりました。

 

また、大混戦の「POOL A」ですが、全チームが2勝2敗という前代未聞の結果に終わっています。

1位通過すると思われたオランダは予選敗退、脱落するかもしれなかった「キューバ」が得失点差で1位、大逆転でイタリアが2位という結果になりました。

そして、開催国の台湾はパナマにも抜かれて、最下位という結果に終わっています。

 

ということで、3月16日の準々決勝での日本の対戦相手は、野茂英雄さんとドジャース時代にバッテリーを組んでいた「ピアザ監督」が率いる「イタリアチーム」に決定しました。

尚、イタリアチームには、大谷翔平選手のチームメイトで仲の良い「デビッド・フレッチャー」選手が参加していますので、こちらも楽しみですね。

 

◆日本が1次ラウンド1位通過のケース

【追記:「準々決勝1」の試合日程はこちらになります。】

対戦カード 試合日時
Q1:キューバ VS オーストラリア 2023年3月15日(水)19:00
Q2:イタリア VS 日本 2023年3月16日(木)19:00

また、日本が準々決勝に進出できなかった場合も、上記のスケジュールになります。

【追記 2023.03.16】

日本がイタリアに9対3で勝利し、アメリカでの準決勝に駒を進めました!

 

◆日本が1次ラウンド2位通過のケース

対戦カード 試合日時
Q1:POOL A 2位 VS POOL B 1位 2023年3月15日(水)19:00
Q2:POOL A 1位 VS POOL B 2位(日本) 2023年3月16日(木)19:00

 

下記は、上記の画像の中から「準々決勝1」の画像を拡大したものになります。

画像ではスケジュールが固定されていますが、日本が予選2位通過の場合は上記のスケジュールに変更されます。

WBC2023 トーナメント表6

 

「準々決勝1」の試合が行われるのは、「POOL B」の会場同様「東京ドーム」になります。

日程 2023年3月15日(水)、16日(木)
会場 東京ドーム(日本)
住所 東京都文京区後楽1-3-61

「準々決勝2」の試合会場&スケジュール【追記あり】

予想としては、「POOL C」は「アメリカ」はほぼ確定、「カナダ」「メキシコ」「コロンビア」から残り1ヶ国、「POOL D」は「ドミニカ共和国」「プエルトリコ」「ベネズエラ」から2ヶ国勝ち上がるのではないでしょうか?

また、日本同様にアメリカ代表の試合はその順位にかかわらず「Q4」に組み込まれることが決まっています。

ということで、アメリカが予選1位になるか2位になるかで「Q3」と「Q4」の対戦カードが変わることになります。

 

◆アメリカが1次ラウンド1位通過のケース

対戦カード 試合日時
Q3:POOL C 2位 VS POOL D 1位 2023年3月17日(金)19:00
(日本時間 3月18日 8:00)
Q4:POOL D 2位 VS POOL C 1位(アメリカ) 2023年3月18日(土)19:00
(日本時間 3月19日 8:00)

 

【追記2023.03.16】

アメリカは2位通過で、スケジュールは下記の通りになります。

◆アメリカが1次ラウンド2位通過のケース

対戦カード 試合日時
Q3:プエルトリコ VS メキシコ 2023年3月17日(金)19:00
(日本時間 3月18日 8:00)
Q4:アメリカ VS ベネズエラ 2023年3月18日(土)19:00
(日本時間 3月19日 8:00)

 

下記は、上記の画像の中から「準々決勝2」の画像を拡大したものになります。

画像ではスケジュールが固定されていますが、アメリカが予選2位通過の場合は上記のスケジュールに変更されます。

WBC2023 トーナメント表7

 

「準々決勝2」の試合が行われるのは、「POOL D」の会場同様「ローンデポ・パーク」になります。

日程 2023年3月17日(金)、18日(土)
会場 ローンデポ・パーク(アメリカ)
住所 501 Marlins Way, Miami, FL 33125 U.S.A

「準決勝」の試合会場&スケジュール【追記有り】

準々決勝では、日本とアメリカは予選を勝ち上がった場合、日本は「Q2」アメリカは「Q4」の試合に組み込まれます。

ということで、日本とアメリカが準々決勝を勝ち上がってきたら、必ずこの「準決勝2」の試合でぶつかることになり、決勝では対戦しないことになります。
 

【追記 2023.03.16】

いつの間にかルールが変更されていました。

日本はイタリアに勝って準々決勝を勝ち抜きましたが、日本とアメリカは準決勝ではあたりません。

アメリカ VS ベネズエラの勝者は、キューバと戦うことになります。

ということで、日本とアメリカが順当に勝ち残った場合、決勝戦で戦うことになります。

【追記 2023.03.19】

日本の対戦相手はメキシコ、最後の枠はアメリカになり、キューバの対戦相手はアメリカに決定しました。

対戦カード 試合日時
準決勝1:キューバ VS アメリカ 2023年3月19日(日)19:00
(日本時間 3月20日 8:00)
準決勝2:日本 VS メキシコ 2023年3月20日(月)19:00
(日本時間 3月21日 8:00)

 

下記は、上記の画像の中から「準決勝」の画像を拡大したものになります。

下記の画像も「Q3勝者」と「Q4勝者」が入れ替わります。

WBC2023 トーナメント表8a

 

「準決勝」の試合が行われるのは、「準々決勝2」の会場同様「ローンデポ・パーク」になります。

日程 2023年3月19日(日) 、20日(月)
会場 ローンデポ・パーク(アメリカ)
住所 501 Marlins Way, Miami, FL 33125 U.S.A

「決勝」の試合会場&スケジュール【追記あり】

もうここまで来たら、両国とも絶対に負けられない決戦になります。

上記にも書きましたが、日本とアメリカは決勝ではぶつかりません。

【追記2023.03.16】

突然スケジュールが変更され、順当に勝ち上がった場合、日本とアメリカは決勝戦で戦うことになります。

【追記2023.03.21】

日本が準決勝でサヨナラ勝ちして、先に決勝進出を決めていたアメリカと決勝戦で対決することになりました。

最高の決勝戦になりそうです。

対戦カード 試合日時
アメリカ VS 日本 2023年3月21日(火)19:00
(日本時間 3月22日 8:00)

 

【追記2023.03.22】

日本がアメリカに3対2で勝って、見事3度目のWBCの優勝を達成しました!

しかも、最後は「大谷 vs トラウト」の対決というまるで漫画の世界のような結末でした。

おめでとう!チームジャパン!

 

下記は、上記の画像の中から「決勝」の画像を拡大したものになります。

WBC2023 トーナメント表9

 

「決勝」の試合が行われるのは、「準決勝」の会場同様「ローンデポ・パーク」になります。

日程 2023年3月21日(火)
会場 ローンデポ・パーク(アメリカ)
住所 501 Marlins Way, Miami, FL 33125 U.S.A

AmazonプライムのJスポーツチャンネルで日本戦のライブ配信

日本が出場する予選の試合、そして出場の可能性がある「準々決勝1」「準決勝 Q2」「決勝」の試合は民放でも放映されますが、同様に「Amazonプライムビデオ」の「Jスポーツチャンネル」でもライブ配信されます

「準決勝 Q1」の試合には日本は出場しないので、民放での放送予定は無いようです。

民放及び「Amazonプライムビデオ」の「Jスポーツチャンネル」での放送予定は下記の通りです。

対戦カード 配信日時(Amazon) 放送日時(民放)
日本 VS 中国 3月9日:試合開始19時(配信開始18時) TBS系 18時~
日本 VS 韓国 3月10日:試合開始19時(配信開始18時) TBS系 18時~
日本 VS チェコ 3月11日:試合開始19時(配信開始18時) テレビ朝日系 18時30分~
日本 VS オーストラリア 3月12日:試合開始19時(配信開始18時) テレビ朝日系 18時30分~
準々決勝1 3月16日:試合開始19時(配信開始18時) テレビ朝日系 18時30分~※一部地域を除く
準決勝 Q1 3月20日:試合開始8時(配信開始7時)
準決勝 Q2 3月21日:試合開始8時(配信開始7時) TBS系
決勝 3月22日:試合開始8時(配信開始7時) テレビ朝日系 7時55分~

AmazonプライムとJスポーツの無料視聴

「Amazonプライムビデオ」で上記の「WBC]のライブ配信を視聴するには、「Amazonプライム」に登録(入会)した上で「Jスポーツ」チャンネルに登録する必要があります。

まず、「Amazonプライム会員」に登録するのが前提です。

初めて「Amazonプライム会員」に登録する方は、「30日間無料」で利用できます。

 

「Jスポーツチャンネル」へは「Amazonプライム会員」に登録した後に登録できるのですが、基本的に有料チャンネル(月額2,178円/税込)になります。

ということで、「Amazonプライム会員(月額600円・年額一括で5,900円/税込)」と「Jスポーツチャンネル(月額2,178円/税込)」の両方の会費が必要になります。

 

但し、「Amazonプライム会員」で「Jスポーツ」チャンネル登録をすると、14日間無料で利用ができます。

これは、既に「Amazonプライム会員」に登録済で、まだ「Jスポーツ」チャンネルの登録が済んでいない方にも適用されます。

仮に「Amazonプライム会員」に初めて登録する方は、「Amazonプライム会員」で30日間、「Jスポーツチャンネル」で14日間の無料期間を両方とも利用できます。

 

ここで、注意が必要な情報があります!

「Amazonプライム会員」の無料期間は、チャンネル登録をした日から計算され30日後の23時59分までが無料で、日付が変わると自動的に有料に移行します。

今日Amazonプライム会員登録で5月18日迄の無料視聴が可能

 

「Jスポーツチャンネル」の無料期間は、チャンネル登録をした日時から計算され14日後の同じ時間までが無料で、その時間を超えると自動的に有料に移行します。

今日Jスポーツ登録で2024年5月2日pm17時50分迄の無料視聴が可能

 

「Amazonプライム会員」の登録がまだの方は、「Amazonプライム会員」の詳細を下記から確認できます。

Amazonプライム
詳細ページ
Amazonプライム
公式サイト

Jスポーツに登録する手順

「Amazonプライム会員」の登録は、上記の「詳細」ボタンから確認できます。

こちらでは、「Jスポーツチャンネル」の登録方法を記載します。

※PC画面での画像を使用していますが、基本的にはスマホ/アプリからも同様です。

まず、「Amazonプライム会員」に登録したら「Amazonプライムビデオ」の上部にある「チャンネル」をクリックします。

Amazonプライム Jスポーツチャンネル登録1

 

次に、メニューから「J Sports」のロゴを探してクリックします。

Amazonプライム Jスポーツチャンネル登録2

 

上部の「J Sports」帯タイトルをクリックします。

Amazonプライム Jスポーツチャンネル登録3

 

「今すぐ14日間無料体験」ボタンをクリックします。

Amazonプライム Jスポーツチャンネル登録4

 

ご自分の「詳細情報」を確認したら「この内容で登録する」をクリック。

これで「Jスポーツ」チャンネルの登録は完了です。

Amazonプライム Jスポーツチャンネル登録5

※「無料お試し期間」だけ視聴する場合は、最後の締め切り日時を必ず覚えておいて下さい。

その日時を過ぎると、自動的に有料会員へ移行します。

まとめ

2023年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第5回大会が、いよいよ3月8日(水)に開催されます。

前回大会(第4回大会)が行われたのが2017年ですから、実に6年ぶりのWBC開催ということになり、首を長くして待っていたという方も多いと思います。

 

コチラでは、2023WBCの予選参加国や予選の日程、決勝ラウンドの日程、そしてわかりやすいように全体のトーナメント表、ライブ配信情報などをご紹介しています。

また、「Amazonプライムビデオ」の「Jスポーツチャンネル」でも日本線を全試合ライブ配信しますので、「Amazonプライム会員」と「Jスポーツチャンネル」についての情報も記載しています。

興味のある方のご参考になれば幸いです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2023 h eg

ブログランキングに参加中!
よろしければポチッと応援お願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村

関連記事