テレビ番組

「エール」子役一覧&音の子役が二階堂ふみにそっくり?妹役は新海誠監督の娘?

朝ドラ

朝ドラ「エール」の視聴率は好調が続いています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い在宅率が上がっているのも影響しているのかもしれません。

 

3月30日に放送した「エール」初回の福島地区での視聴率が、総合視聴率で43.6%(リアルタイム視聴率35.9%、タイムシフト視聴率11.9%)を記録したというのも話題になりました。

※総合視聴率=視聴率(リアルタイム)+タイムシフト視聴率-重複視聴率

そんな朝ドラ「エール」の子役も話題になっています。

エールの子役キャスト一覧

エールで出てくるメインの子役は、全部で7人います。

他にも、いじめっ子の太郎&史郎約、裕一の同級生・とみ役の子役達がいます。

主人公である古山家の長男「古山裕一」役

古山裕一の特徴

老舗呉服屋「喜多一」の長男。

不器用で目立たないタイプ、そして運動音痴で気弱な性格のために、よくいじめられる。

人と上手くコミュニケーションが上手く取れない。

緊張するとどもってしまい、上手く話せない。

 

古山家に出てくる子役は2人。

長男でこのドラマ「エール」の主人公でもある「古山裕一」。

その「古山裕一」を演じているのは窪田正孝さんですが、その子役を演じているのは「石田星空(いしだせら)」君です。

 

最近の子供はやはり読みにくい名前の子が多いですね…

星空とかいて「そら」と読むんですね?

名前自体は素敵ですけど、これは本名なんでしょうか?

 

こちらが、「石田星空(いしだせら)」君です。

「石田星空(いしだせら)」君は、2009年5月生まれの10歳(2020年4月現在)で、クラージュキッズという事務所に所属しています。

星空君は、10歳にも関わらず、既に数多くのドラマや映画に出ています。

2016年 1月には 「大河ドラマ 真田丸」に、中川大志さんが演じた豊臣秀頼の幼少期を演じています。

 

今年のドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の第9話と第10話で、生まれつき心臓に病を抱える少年の役を演じています。

2015年には、映画「ヒロイン失格」で幼稚園児役、2019年の映画「貞子」では、清水尋也が扮した秋川和真の幼少期役で出演しています。

10歳だと言うのに、既にベテランのようなキャリアです。

古山家の次男「古山浩二」役

古山浩二の特徴

音楽に夢中になる兄裕一には反発しがちである。

気弱な兄に対し、責任感が強い性格。

父が引退した後、店を存続させており、経営が傾く「喜多一」を立て直そうと奮闘する。

 

次男の「古山浩二」を演じるのは桜本宝さんですが、子役を演じるのは「潤浩(ゆんほ)」君。

「潤浩」君の名前は珍しいし二文字なので、本名なのか芸名なのか、または韓国籍なのか話題になっていますが、国籍等はどこにも見当たらないのでわかりません。

 

古山家の兄弟です。

「潤浩」君の所属先は、テツ&トモさんやアナウンサーの松本志のぶさんなどが所属している「ニチエンプロダクション」

2011年9月生まれの9歳(2020年4月現在)で、2018年には朝ドラ「半分、青い。」の第30回 に、男の子役として出ていました。

今年公開された、長渕剛主演の「太陽の家」に、広末涼子が演じるシングルマザーの子供役でも出ています。

ヒロイン「関内音」役

コチラに、関内家の3姉妹が写っています。

関内音の特徴

関内家の次女であり、このドラマのヒロイン、そして天才作曲家と言われる古山裕一の妻。

明るくとてもポジティブな性格である。

自分の意見をはっきりと出しすぎて、時にトラブルを招くこともあるが、裕一の才能を誰よりも信じ、常に影で支えています。

また、自分でもプロの歌手を目指しており、結婚後もその夢を負い続けています。

 

ヒロインの「関内音」を演じるのは二階堂ふみさんですが、子役を演じるのは「清水香帆(しみずかほ)」ちゃん。

この「清水香帆(しみずかほ)」ちゃんが、二階堂ふみさんとそっくりだということで話題になっています。

 

確かに、似てますね。

スタッフはよく見つけてきましたね?

 

「香帆」ちゃんは、2008年10月生まれの11歳(2020年4月現在)で、ボックスコーポレーションという事務所に所属しています。

ボックスコーポレーションには、「相武 紗季」さんや「中山エミリ」さん「一色紗英」さん「坂下 千里子」さん「小沢真珠」さんというそうそうたるメンバーや、グラビアアイドルでもある「逢沢りな」さんなども所属しています。

アイドルグループの「マジカル・パンチライン」も所属しており、「香帆」ちゃんは彼女たちのファンだそうです。

 

デビューのきっかけは、2018年5月にキラモオーディション(キラピチモデルオーディション)でグランプリを獲得したことで、その後モデルデビューしています。

キラモとは、小学生向きのおしゃれ雑誌「キラピチ」のモデルのことです。

 

事務所のプロフィールの夜と、ドラマ等の出演は、この「エール」が初のようです。

頑張って欲しいですね…

関内家の長女「関内吟」役

関内吟の特徴

豊橋で馬具製造販売を営む家の長女。

おしゃれが好きで、てきな男性と出会って幸せな家庭を作りたいと願っている女性。

 

長女役の「関内吟」を演じるのは松井玲奈さんですが、子役を演じるのは「本間叶愛(ほんまといと)」ちゃん。

また、名前が難しいですね…

「叶愛」と書いて「といと」と読める人はいるのでしょうか?

「叶愛」ちゃんは、2006年6月生まれの13歳(2020年4月現在)の中学生ですね。

 

コチラが、関内家の3姉妹。

右が長女役の「本間叶愛」ちゃんで、真ん中がヒロイン役の「清水香帆」ちゃん、左が3女役の「新津ちせ」ちゃんです。

「叶愛」ちゃんは、ジョビィキッズプロダクション所属で、2012年にNHKのドラマ「梅ちゃん先生」で瀬川みどり役、2013年にはTBSのドラマ「潜入探偵トカゲ」に出演しています。

「ソフトバンク スマホタダ割キャンペーン『ハッピーバースティ』篇」や、「ベネッセ進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ『考える』篇」などのCMにも出ています。

 

2015年の映画「ロマンス」には、モエ役で出ています。

13歳のキャリアで、映画にドラマ、そしてCMにも出ているので、中学生にして芸歴としてはもうベテランの域に達しているような気がします。

関内家の三女「関内梅」役

関内梅の特徴

文学好きの少女。

将来は小説家になることを夢見て、懸賞小説に応募したりしている。

 

三女役の「関内梅」を演じるのは森七菜さんですが、子役を演じるのは「新津ちせ(にいつちせ)」ちゃん。

「新津ちせ(にいつちせ)」ちゃんは、2010年5月生まれの9歳(2020年4月現在)で、何と人気アニメ「天気の子」の「新海誠監督」と、女優「三坂 知絵子」さんの娘さん(長女)です。

そして更に驚きなのは、パプリカが大ヒットした、音楽ユニット「Foorin」のメンバーでもあります。

 

所属事務所は「劇団ひまわり」で、2017年3月公開の映画「3月のライオン」には、新海誠の娘であることを伏せてオーディションに見事合格し、川本三姉妹の末っ子・モモ役で出演しています。

撮影中は、主演の神木隆之介さんや原作者の羽海野チカさんなど、関係者には一切知らされず、クランクアップ後に新海誠監督の娘であることが明かされたそうです。

 

2015年には政府広報「ゆう活」のCM、2016年には、テレビドラマ「傘をもたない蟻たちは」、映画「バースデーカード」などに出演、2017年にはNHKドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」に「守景陽菜役」で出演するなど、9歳にして数多くのCM・テレビドラマや映画などに出演しています。

皆さん記憶に新しいと思いますが、「Foorin」のメンバーとして、2019年末の「第61回日本レコード大賞」にて、史上最年少の9歳で日本レコード大賞受賞者となり、「第70回NHK紅白歌合戦」に紅組で初出場する快挙も成し遂げています。

ここからの流れで、NHKの朝ドラに出演したのかもしれませんね…

裕一の幼馴染「佐藤久志」役

佐藤久志の特徴

祐一の幼馴染の同級生。

父親は県議会議員で、裕福な家庭の子供である。

 

石田星空君(古山裕一役)、込江大牙君(村野鉄男やく)、山口太幹君(佐藤久志役)3人

裕一の同級生「佐藤久志」を演じるのは山崎育三郎さんですが、子役を演じるのは「山口太幹(やまぐちたいき)」君。

「山口太幹」君は、宮崎県出身で、宮崎県日向市に本社を置く芸能事務所「海汐プロダクション」に所属する、2009年10月生まれの10歳(2020年4月現在)です。

 

歌うことも大好きで、小学生に上がると同時に3人グループの「chwaman(ちゃわまん)」を結成し、歌手活動を始めて、数々のお祭りや音楽イベントに参加しているという、かなりの行動派ですね?

「chwaman(ちゃわまん)」は、いくつかのコンテストでは賞も獲得しているそうです。

 

俳優デビューのきっかけは、小学1年生の夏に福岡県で行われた「劇場映画新人子役発掘オーディション」に参加し、500人の中から選ばれ、2018年2月公開の劇場映画「巫女っちゃけん。」に準主役として映画初出演したことだそうです。

500人の中から選ばれたのは、流石に凄い。

小学1年生にて、既に光るものがあったのでしょう。

「巫女っちゃけん。」では、主演である「広瀬アリスさん」と共演しています。

 

2019年からは、海汐プロダクション業務提携会社「アービング」への所属が決まったそうです。

「アービング」には、「橋本マナミ」さんや、SKE48の「松井珠理奈」さん、「葉加瀬マイ」さん、サッカーの「ラモス瑠偉」さんなども所属しています。

裕一の幼馴染「村野鉄男」役

村野鉄男の特徴

魚屋「魚治(うおはる)」の長男。

ガキ大将的な存在ですが、詩を作る事が得意な男子。

 

エールの子役男子3人と音役「清水香帆」ちゃん

裕一の同級生「村野鉄男」を演じるのは中村蒼さんですが、子役を演じるのは「込江大牙(こみえたいが)」君。

「込江大牙」君は、ヒラタビーンズに所属する、2009年1月生まれの11歳(2020年4月現在)。

 

映画には、2020年1月24日公開の「シグナル100」和田隼(幼少)役、2019年3月21日公開公開の『L○DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』久我山玲苑(幼少)役、などに出演しています。

ドラマには、2019年8月24日放送、NTV 24時間テレビ42 ドラマスペシャル「絆のペダル」、2019年3月10日~24日放送、EX「仮面ライダージオウ」EP26~28で少年飛流役、2019年4月22日スタートのドラマ、CX「小説王」吉田豊隆(幼少)役などに出演しています。

 

プロフィールを見ると、11歳にしてものすごい数の映画やドラマ、そしてCMに出演しています。

将来が楽しみな役者さんですね…

まとめ

2020年の前期朝ドラ「エール」の視聴率は、出だし好調です。

新型コロナウイルスの感染拡大という暗いニュースが続きますが、朝ドラ「エール」を見て明るい一日を始めたいと、毎日見るのを楽しみにしているファンも多いと思います。

 

残念なのは、緊急事態宣言が出たことで、テレビ局の収録が出来ないことです。

これはNHKだけに留まらず、全ての局がロケやドラマ収録が出来ず、2020年上半期の話題のドラマなどが軒並み放映延期になっています。

 

基本的に、朝ドラは他の民放ドラマと比べると、撮影開始のタイミングが早いそうです。

ですから、当分の間の放送に影響は無いということですが、新型コロナウイルスの猛威は止まるどころか、日本でも連日一日の感染者数がこれまでで最多という、最悪の方向へ記録を更新しています。

 

これから先、日本はどうなるのか、経済はどうなるのか、世界はどうなっていくのか、世界中の全ての人が新型コロナの影響を心配しています。

非常事態宣言が出されたことで、日本の未来も明るい方へ好転してもらいたいものです。

また、早めに朝ドラ「エール」の収録が再開し、無事最後まで見れることを祈っています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Hironori Eguchi

ブログランキングに参加中!
よろしければポチッと応援お願いします!
↓  ↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村