オリンピック

東京オリンピック2020・サッカーの出場国はいったいどこ?何ヶ国が出場するの?

サッカー

いよいよ東京オリンピックが迫ってきました。

そこで、こちらでは東京オリンピック・サッカーの出場国についてまとめてみたいと思います。

 
2019年12月18日にチケットの2次抽選が行われ、購入手続きが2020年1月10日(金)までとなっています。

外れて悔しい思いをした人も沢山いらっしゃるので、幸運にも抽選に当たった人は忘れずに購入手続きを済ませてください。

 

抽選販売や先着販売で購入したチケットは、手元に届くのが2020年5月以降の見通しとなっています。

また、2020年春以降、都内に公式チケット販売所が1・2ヶ所設けられる予定なので、正式な発表がありましたら、随時追記していく予定です。

 

同時期に、再販売用の公式サイトもオープンする予定で、チケットを購入したものの都合が悪くなり観戦ができなくなった人は、その再販売用サイトを通して希望者に定価で販売することが出来ます。

これは、オークションやダフ屋からの購入を阻止する仕組みで、非公式に売買したチケットでは会場に入場できないため、昨年の抽選に外れた人でどうしても観戦希望の方は、これらの公式販売所・再販売サイトのオープンをお待ち下さい。

東京オリンピック・男子サッカーの出場国はどこ?

東京オリンピックの男子サッカーの出場国は、開催国枠の日本を含め16カ国になります。

各グループ4カ国の4つの予選グループで得失点を競い合い、各グループ上位2カ国が決勝トーナメントに進出することができます。

現時点(2020年2月10日時点)で出場が決まっているのは、下記の14カ国になります。

AFC(アジア)

日本(7大会連続11回目)

サウジアラビア(6大会ぶり3回目)

韓国(9大会連続11回目)

オーストラリア(3大会ぶり8回目)

CAF(アフリカ)

エジプト(2大会ぶり12回目)

コートジボワール(3大会ぶり2回目)

南アフリカ共和国(2大会連続3回目)

CONCACAF(北中米カリブ海)

未定:2カ国
(北中米カリブ海予選:2020年3月20日-4月1日で決定)

CONMEBOL(南米)

アルゼンチン(2大会連続9回目)

ブラジル(4大会連続14回目)

OFC(オセアニア)

ニュージーランド(2大会ぶり3回目)

UEFA(ヨーロッパ)

スペイン(2大会ぶり11回目)

ドイツ(2大会連続10回目)

ルーマニア(14大会ぶり4回目)

フランス(6大会ぶり13回目)

2020年月10日時点で、残り2カ国の出場がまだ決まっていませんが、決定済みの中で日本は開催国枠とはいえ、7大会連続11回目出場という情報にびっくりしました。

現在のU-23男子日本代表世代には、冨安健洋・久保建英・堂安律や、安部裕葵・伊藤達哉などの海外で活躍している有力選手も多いので、これから最終的に誰が選ばれるのか非常に楽しみです。

東京オリンピック・女子サッカーの出場国はどこ?

東京オリンピックの女子サッカーの出場国は、開催国枠の日本を含め12カ国になります。

男子サッカーよりも4カ国少ない参加になっています。

 

女子サッカーの場合、各グループ4カ国の3つの予選グループで得失点を競い合い、各グループ上位2カ国が決勝トーナメントに進出することができます。

現時点(2020年2月10日時点)で出場が決まっているのは、下記の8カ国になります。

AFC(アジア)

日本(2大会ぶり5回目)

未定:2カ国
(アジア予選:2020年3月6日-11日で決定)

CAF(アフリカ)

未定:1.5カ国
(アフリカ予選:2020年2月)
(南米とのプレーオフで決定)

CONCACAF(北中米カリブ海)

アメリカ(7大会連続7回目)

カナダ(4大会連続4回目)

CONMEBOL(南米)

ブラジル(7大会連続7回目)

未定:0.5カ国
(コパ・アメリカ:2018年4月4日-22日)
(アフリカとのプレーオフで決定)

OFC(オセアニア)

ニュージーランド(4大会連続4回目)

UEFA(ヨーロッパ)

イギリス(2大会ぶり2回目)

オランダ(初出場 )

スウェーデン(7大会連続7回目)

※CAF予選2位チームとCONMEBOL予選2位チーム(チリ)による大陸間プレーオフを行うため、0.5という表記になっています。

 

ヨーロッパからは強豪国ドイツが外れて、オランダが初出場します。

2019 FIFA女子ワールドカップでは、日本は決勝トーナメント1回戦でオランダに敗れており、オランダはそのまま決勝戦まで行きました。

決勝戦では、世界ナンバーワンと言ってもいいアメリカが順当に優勝しました。

 

オランダとスウェーデンは、チームとして非常にまとまっており現在かなり強いので、今回のオリンピックでも日本の強力な競争相手になると思います。

北中米カリブ海最終予選は、優勝候補のアメリカとカナダの出場が決まりました。

開催国の日本も、2019 FIFA女子ワールドカップの悔しい思いを胸に頑張ってもらいたいものです。

まとめ:東京オリンピック・サッカー出場国について

2020年2月10日時点で、東京オリンピックのサッカー出場国はまだ出揃っていません。

男子は北中米カリブ海予選の2ヶ国、女子はアジア予選の2ヶ国、アフリカの予選の1ヶ国、南米とアフリカの大陸間プレーオフで選ばれる1ヶ国が残っています。

 

男子は、4月1日に終了する北中米カリブ海予選で、全ての代表国が出揃います。

女子は、南米の残り1枠候補が4月22日のコパアメリカで終わった後、アジアの1枠候補との大陸間プレーオフにて最終的に出揃います。